お葬式の費用や香典の額、マナーや慣習、礼儀作法、挨拶の仕方など、人には聞けないお葬式の情報集

お葬式っていくら必要?香典は?挨拶?礼儀作法?マナー・慣習?喜び事との兼ね合いは?とにかく検索して下さい。

お葬式はわからないことだらけ・・・少しでもお葬式のマナーや慣習を知っておきましょう。

最終更新日  2008年 02月 12日

納棺とは?

通夜の原型は、遺体を悪霊や獣から守るために火を燃やして一夜を明かしたことにあるとされます。その原型が遺族や近親者が故人を偲び、枕元に集まって一夜を明かすという形で継承されてきました。現在でも、故人を布団に寝かせたまま通夜を営む地域があります。
枕経が終わると、遺体を棺に納めます。これを「納棺」といいます。まず、遺体を清め死装束をつけます。 遺体を棺に納めたら故人の愛用品を棺の中に入れます。地方によっては飢えに苦しまないようにと、枕だんごや一膳飯を入れるところもあります。 すべてを納めたら、白菊などの生花で遺体を節り棺に蓋をします。この時釘は打たず、「七条袈裟」という棺掛けで被います。棺は北枕、あるいは西枕で通夜の営まれる部屋に運びます。
棺の底に敷く三尺三幅の白木綿のことです。これは葬儀社が用意しますが、白い薄手の布団でもかまいません。この上に遺体を納めます。
死出の旅に出るということで旅僧の姿を模したものです。遺体に死装束をつけますが、死後硬直が始まっていますから、無理をせずつけるべきところに置くだけでも十分です。
臨終を告げられると、近親者が血繹の近い川副こ「末期の水」をとります。死者が生き返ることを願う気持ちと、あの世で渇きに苦しめられないようにとの願いを込めた風習とされています。 実際に水を飲むわけではありませんから、□の中に水を入れず、唇をぬらす程度にします。 最近では、臨終間際よりも、亡くなってから後の湯灌の時や納棺の前などに含ませることが多いようです。
死者の最後の姿を清らかにするために遺体を清めます。かつては「逆さ水(たらいに先に水を入れ、後 から湯を注いでつくるぬるま湯)で全身を洗い清めました。死後硬直が始まると処置がしにくくなりま すので、できるだけ手早く行うようにします。死者に対する最後の世話ですから、できるだけ遺族も手伝うようにしたいものです。
遺体を清める処置が終わったら、髪を整え爪が伸びていたら切りそろえ、男性ならひげをそり、女性は薄化粧をします。頬がこけていれば含み綿をするのも死者への心遣いです。遺髪や遺爪を望む時は、この際切っておきます。
死者の硬直が進み、ロが開いたり合掌の組み手がゆるんだりしますので形を整えて最後のお別れをできるだけきれいな印象で残すことができるようにしたいものです。
秋田県では通常、通夜に先立って火葬が行われますので、遺体は湯灌後に納棺されます。この時、棺の中に、蝋燭、マッチ、米などがよく入れられます。なお、通夜の前に火葬をする地域は、青森県、茨城県にもあります。
神式では、納棺の儀を行います。遺体を棺に納める場合には、正式に神官が立ち会いますが、最近では身内の者が行い、葬儀社の人が手伝うのが一般的になっています。 遺体を納めて周りを生花で飾ったら、白い布で覆います。通夜を行う部屋へ移したら祭壇の中央に安置します。祭壇には遺影と供物を供えて、喪主から血縁の深い順にニ礼・二拍手・一拝を行います。この際の拍手はしのび手にします。 また神式では、納棺から出棺までの毎日柩前日供の儀を行います。毎日朝夕の2回、故人の好物を供え、喪主や遺族が礼拝するものです。故人の使っていた食器にははしを添えて祀ります。
キリスト教式の場合、カトリックとプロテスタントで違いがあります。 カトリックの場合は、神父が納棺の言葉を捧げ、一同が聖歌を斉唱し祈りを捧げたら、近親者の手で納棺します。遺体の両手は胸で組み合わせ、故人が生前愛用していたロザリオ(仏式の数珠にあたるもの)を持たせます。遺体の周りは生花で飾り、棺には蓋をして黒い布で覆います。棺の上には十字架をのせます。
プロテスタントの場合は、牧師に祈りを捧げてもらい、その間に近親者の手で遺体を棺に納めます。遺体の周りは白い菊やカーネーションなどの生花を釣り、ふたをして黒布で覆い、「前夜式」を行う部屋に安置します。棺の上には十字架をのせます。黒い布で覆ったか机を用意し遺影と花を供えたら、一同で賛美歌を合掌しその後聖書朗読、祈り、牧師の納棺の辞、賛美歌合唱、そして最後に祈りを捧げて納棺の儀は終わります。
通常は葬儀業者に支払う費用に応じて棺の種類が決まりますので、棺を選ぶ必要はありませんが、棺だけを特別に注文することはできます。 棺の材質は最高級のひのき材をはじめ、もみ材、ペニア合板などさまざまです。豪華版になると総鎌倉彫りや金箔をあしらったものなどもあるほどです。
内装もランクによっていろいろで、普通のものは白布の肉張りを使い、最高級のものはキルティングがほどこされています。また、ふたにもいろんな形があり、納棺後も故人の顔が見える小窓付きのものなどがあります。 サイズは火葬場のかまの大きさに合うよう、最大寸法が決まっています。
なお、キリスト教式の棺の場合、形は仏式や神式と同じものですが、十字架の印をほどこした黒布で棺を覆うのが普通です。棺の上の方が真ん中から開く棺もあります。

【 28】引用元  納棺の知識/葬儀百科
URL: http://www.e-sogi.ne.jp/db/nokan.htm

病院でなくなられた場合は医師が側についていて御臨終を伝えてくれますが、家などで亡くなられた場合はすぐかかりつけの医師を呼んで確認してもらいます。それから葬儀の準備にかかります。葬儀の手順など不慣れな場合がほとんどでしょうから、まず葬儀社に連絡を取り、来てもらうのが良いと思います。
身内への連絡とか、故人と親しかった方たちへの連絡などは自分たちでやらなければなりません。
特に亡くなった方がまだ会社で現役であった場合は、ただちに会社に連絡を取って協力を仰ぐといったことも必要でしよう。伝達役を頼めるような人があれば頼んでしまうのも一つの方法です。
亡くなった方の身体を清める湯灌なども、病院で亡くなった場合などは病院側でしてくれることが多くなっています。なお、病院で亡くなった場合は、この段階で支払いを済ませてしまったほうがいいでしょう。
日頃から互助会などに入会している方は、その会に連絡すれば指定の葬儀社が来ます。葬儀を自分の家でやらない場合なども、互助会で使える会場が用意出来ます。そうでない場合は病院でも紹介してくれますし、区役所や市役所に問い合わせれば紹介してくれます。他にも、電話帳で探すなど方法はいろいろあります。
こうして葬儀社が決まり実際の打ち合わせに入る一方、住職に来ていただいて故人の枕辺でお経を上げてもらいます。日ごろから檀家寺があれば問題ありませんが、普段お寺さんとまったくお付き合いがなかった場合には、自分の家はどんな宗派で、同じ宗派のお寺さんが近くにあるかどうかを調べなければいけません。最近は自分の家で葬儀を行うという例が非常に少なくなりました。葬儀をどこで行うか、お寺を借りるのであれば住職が帰られる前にその話もしておいたほうがよいでしょう。
葬式には、祭壇の数などによっていろいろな価格のランクがあります。後々トラブルが発生することを防ぐため、自分たちはどれくらいのランクで行うのか、はっきりと指示することが必要です。そしてこのランクだとどこまでのサービスが含まれているのか、などとい
葬儀の日取りは檀家寺や火葬場の日程などを確認し、調整しながら決めて行きます。その点も葬儀社としっかり連携を取りながら決めて行きましょう。
年末年始ですとか、火葬場が混み合っていたりですとか、すぐには葬儀が行えない場合もあります。そのようなときの遺体の保全方法なども葬儀社としっかり打ち合わせておきましょう。このような場合には身内だけで密葬を行い、日取りが定まってから本葬を行うのが普通です。
病院で亡くなられば場合、「末期の水」と「清拭」と呼ばれる作業は病院で行ってくれます。その後の身を清める「湯灌」、「装束の着替え」、「お化粧」は身内で行うこともありますが、葬儀社に依頼できます。着替えの衣装は普通、白装束にしてあげますが、最近では、亡くなった方が存命中に好まれていた物を着せてあげる場合もあります。
亡くなられた後、遺族がまずしなければならない手続きです。故人を診断し死を確認した医師が書いてくれます。これを持って地域の役所に死亡届を出します。届は所定の用紙がありますからそれに書き込んで提出します。これは死亡後7日以内に提出しなければいけませんが、この届に限り役所は休日でも受け付けてくれます。ですから遠隔地でない限りその日のうちに届けるようにしましょう。
死亡の原因が病死や自然死の場合は問題ありませんが、事故死などの変死の場合には所轄の警察署に連絡して死体検案書を発行してもらう事が必要になってきます。この場合には、届出の際に、本人が行く場合は本人の印鑑、代行する場合は代行する人の印鑑が必要になります。
死亡届を出す時忘れずに火葬許可証も申請し火葬の許可も貰いましょう。これがないと火葬場で受け付けてくれません。火葬場でこれを出すと必要事項を記入してくれます。これが埋葬許可証となります。この埋葬許可証は再発行されませんので、くれぐれも紛失しないよう大切に保管して下さい。
故人と生前お付き合いのあった人たちが、亡くなられたという報せを聞いて弔問に訪れます。故人の社会的な地位によってその晩が盛大な集まりになる事も十分に考えられます。人数の多少にかかわらず、弔問客への対応の事も考慮しておきましょう。

【 29】引用元  臨終から納棺まで
URL: http://www.e-sogi.com/okonau/nagare1.html

88歳の女性を納棺しました。私の場合、右側から作業をするのですが、気づかず手さぐり状態で浴衣を脱がしたところで左腕から出血が気づきました。腐敗も進んでいて、肌がボタボタ状態、出血量は少ないが何箇所からも出血していてポリマーシーツも真っ赤に染まっていた。途中経過の中、親戚の方も大勢いるので布団の中で、左腕の出血処理(油紙と綿花)を行いました。もちろん、敷布団に血が付着していてこのまま仏衣を着せると間違いなく仏衣に血が付いてしまうので処置をしたゴミ袋を置いて仏衣の付着を防ぎましたが少量の血が付いてしまいました。左腕の出血処理で15分程度かかってしまった。少し仏衣に血が付いているので、心持ちが良いとは言えないだろう。私の納棺服にも血が付いてしまい、ズボンを処分することに・・・(新しいズボンだったのに(>_<") )
65歳の男性が、自宅で亡くなっていた。死因は、夜中にお酒を飲んで滑って転んで打ちどころが悪かったのだろうか。気絶したまま、夜中の寒さに凍死が直接の原因らしい。
私が駆けつけたときは、すでに自宅の部屋に運ばれていて、布団と毛布に包まれていた。顔の損傷も左目の切り傷、鼻の打撲等が数箇所にわたりあった。何故か、身体中に枯葉が散乱(特に下腹部)・・・家に入れるときに、体重がある男性なので、引きずって運んだのだろうか?ともかく、お湯とアルコールで身体全体を洗浄。(30分ぐらいかかっただろうか)オムツをはかせるために、身体を横にしたとき、鼻から血が大量に出て絨毯を真っ赤に汚してしまった。ビニール袋を用意してとにかく血を出すだけ出した。
また、困難にもお尻が大きくてオムツ(Mサイズ?)が収まらない。仕方なく、オムツをを当て反対側をガムテープで止めて落ち着かせた。後は、浴衣を着せて安置することができた。さすがに一人ではキツイ仕事だった。今度、LLサイズのオムツを用意しておかないと対応ができないことに気づきました。
葬儀社に指摘されました。仏衣に付属しいている念珠がご遺体にかかっていました。いつもかかっている念珠の確認しています。担当者は、事前確認しているから再度言わないでほしいと。また、柩に遺品を入れることを確認したら、柩に入れるものは遺体の横に置いてあるので言わないでほしいと。
結局、担当者がすべて説明しているから納棺士の説明はイラネッ(゜Д゜=)ノ⌒゜ってこと・・・。「次回からは気をつけます」と帰ってきました。請負の仕事とといってもやはり下請けなんだな・・当家はすごく綺麗にしていただき喜んでいただきましたが何かスッとしない仕事だったなぁ〜〜。。礼儀をわきまえている担当者ですから、仕事が終ってから事務所にて注意される。
私たちが行っている納棺は、布団の中で身体を見せないように仏衣を着せ替える納棺をしています。80歳の女性で、娘が二人・・納棺勤行は、仏説無量寿経を唱えられてからお寺様が帰られました。私が納棺の準備をしていると、世話方の方が親族をすべて仏間から追い出しました。「皆さん、見ていてもいいですよ」と問いかけましたら、「故人の意思なので、身内だけでお願いします」「わかりました」娘二人と世話方一人のみで納棺を立ち会うことに・・後から少し話を聞いてみると、「年老いたぶざまな身体を見られたくない」強い意志であった。確かにほとんどの遺体はぶざまなことには、違いない。それを綺麗に整えのが私たちの仕事だと思っていました。大きな間違いだということを痛感しました。それは、ぶざまな遺体を最初に見る事から始まるのです。整った容子だけを見てほしいと願望。言われてみれば、そうですね。小さな子供に遺体はあまり見せないと言います。印象の強い遺体は夢に出るから・・・?反対に今まで長い間一緒に住んでいたのだから、怖くない子供もいます。人によっていろいろな考え方があるんでしょうね。
新年明けましておめでとうございます。今年は、正月2日・3日からお仕事が入りました。(*^^*)元旦から葬儀のお仕事している方は大変ご苦労様です、また遺族・親族の方もお疲れ様です。北陸は、積雪も有り道路が非常に悪い状態なので駐車場係や霊柩車の運転手は寒さに気をつけてお仕事に励んでください。
今年は、「動けば迷うが、動かなければ氷になる」を掲げ、ひとつの節目の年・・・家で待つ仕事を待って、余裕ある時間でホームページを更新していました。個人で思案すると、良い案が浮かばないのも事実。ローカルでのコンタクトしながら一層励みたいと思います。
真言宗の檀家で、60歳の女性が亡くなりました。私は、葬儀社より通夜菓子と納棺道具一式と遺影写真を持って喪家に伺いました。喪家に遺影写真を渡しました。
喪家には、先祖代々の写真が仏間に4枚飾ってあり、その中に男性の写真がすごい変色していると指摘がありました。10年前に葬儀を行ったようで、それ以前の写真は白黒だがはっきりと映し出されていました。A4サイズの「写真を修正してほしい」と申し出があり、変色した写真からは新たに作っても変わらないと返答。喪家には、小サイズの写真も作ってあり、変色度が少ないようです。のちほど、落ちついてから修正するということで合意されました。最近はカラー写真が主で、変色も少ない。10年前はカラー写真が出始めだったので変色が多いようです。最新技術は、そんな段階を経て進歩しているのだと思うこの頃です。
献体とは、医学大学における人体解剖学の教育と研究のために、自分の死後、遺体を無条件・無報酬で提供することです。将来、医師・歯科医師を志す学生が、人体解剖学実習で人体の構造を知るとともに、献体者への感謝の気持ちと自らの責任を自覚し、より良い医師となるために必要な「医の倫理」を学ぶという大きな役割を担っています。
葬儀のときは、一般葬と同じように霊柩車で出棺しますが、行き先は火葬場ではなく、医科薬科大学で送られます。数人の親戚だけでお供するが手続きを行ってからは、そのまま葬儀会館にて初七日法要を営まれる。
遺族のお話では、「遺体が返ってくるにはおよそ三年程度かかる」と聞いているそうです。もちろん、遺族は献体の経験もなく葬儀社の指示通りに動くしかない。
納棺のときは、ドライアイスをできるだけタオルを置いて人体に損傷がないように配慮しました。医学に携わる方なのでしょうか?
十八歳の女性が交通事故で亡くなりました。交差点で14トントラックと衝突して、救急車で某市民病院に運ばれましたが三時間後に外傷性ショックにて死亡を確認。死亡確認後、ホールに直接遺体を安置されました。両親と若い姉妹が遺族でした。納棺のときも、六人しかいない状態で行いました。
とにかく、はじめてのことでしたので、「はい」「はい」と言われるままに。白衣と袴と輪袈裟と経本を用意されていました。通常の経帷子を着せて、その上に白衣を着せました。袴は了承の上、乗せる程度にしました。
化粧も姉妹のおこなっていただき、髪の毛の両側を三つ網に編んであり、かわいい仕上げになりました。
やはり、お花を入れるときは家族皆、涙・涙でした。久々の若い女性の納棺は、悲しい思いをしました。 合掌。
長い間、行っていなかった葬儀社から納棺依頼があり、久々の仕事だぁ〜。三ヶ月は行っていないかもしれない!!
この地域では、納棺士にお酒1升必ず当たった。葬儀社が打ち合わせの段階で、「納棺士にお酒1升あげてください」と説明してるようで毎回あたっていました。なぜ、お酒なの?思う。昔は、故人縁者の男が数人してシャツとステテコ姿で、威勢よく納棺してたと聞いています。死者を触るのを嫌い、触ると嫌なものだと聞いている。お酒の力をかりて、勢いで縁者たちが納棺を行ったようです。
そのなおりで、お酒を「きゅ〜と飲んで」納棺を頼まれます。納棺後は、「お風呂に入っていってくれ!」と進められる。いまだに、こんなことをいってくれる組合の方がいる。納棺の良し悪しではない。遺体触ることの感謝の気持ちのあらされだと思っています。昔の慣習は、我々納棺士にはすごく値打ちのある商売でした。
現在は、遺体を触る仕事をしている者が多くなり値打ちが無くなってしまった。より良いサービス、丁寧、親切が重要視されがちになってしまい、価値観が以前とは違った形としてなってしまった。
そして、葬儀社の社長から「他の葬儀屋はお酒を出しているか?」と訪ねられ、「形は違うが寸志が出るところもあります」
その言葉に追求され、寸志も少ない現状を見透かされてしまった。残念だが、それをきっかけに今だお客様からお酒をもらっていない。(>_<)
納棺士の唯一の楽しみを奪われてしまった。葬儀もセレモニーレディの進出や葬儀会館の建設により大衆化が進み、誰でもできる時代になっていまった。
葬儀社によって、遺体の管理の仕方が違います。ほとんど、葬儀社はドライアイスを利用して遺体の腐敗を遅らしています。10キロのドライアイスを4分割して、ドライアイス屋から購入しているようです。
一.10キロを胸部や腹部に二個づつ置く。明朝、もう10キロ重ねて置いて納棺時そのまま全部入れる。
一.5キロを胸部や腹部に一個づつ置く。明朝、5キロ入れる。納棺時5キロ入れる。
ドライアイスは、腐敗の進行を遅らせるのが目的です。しかし、ただたくさん入れれば良いものではありません。あまり、たくさん入れると遺体がカチンカチンになってしまいます。また、ドライアイスは湿気をよびますので掛布団や浴衣がベタベタになってしまい霜がものすごい状態になっています。また、浴衣に直接置いてしますと、身体が真っ赤に火傷します。タオルやバスタオルを置いて火傷防止をすること。厚い掛布団をかけるとドライアイスの減りも少なくなります。ちょっとした心がけでドライアイスの量を減らして腐敗の進行を遅らせるとお客様に安心させることができます。タオルを持参するのではなく自宅のタオルを借りるようにすると目で見ておられますので丁寧に扱ってくれる印象が大事です。葬儀社は、葬儀を滞りなく進めることが役目ですが、遺体を火葬するまで管理をするのも大事な仕事だと思います。

【 30】引用元  冠婚葬祭ネット - 納棺日記
URL: http://www.touse-web.com/modules/wordpress4/

対象商品であれば、購入金額にかかわらず、配送料が無料になります。つまり、無料配送サービスの最低購入金額(1,500円)を意識せずに、お買い物をお楽しみいただけます
当プログラムに登録いただくと同居のご家族2人までを無料 で家族会員として登録できます
Amazonプライム会員規約(以下「本規約」といいます)へようこそ。本規約は、お客様とAmazon.com Int’l Sales, Inc.及びその関連会社(以下「Amazon.co.jp」又は「当サイト」といいます)との関係並びに各々の権利及び義務について規定するものです。本規約は、Amazonプライムサービス(以下「プライム」といいます)の利用にあたり提供される無料体験に適用される規約とともに、プライム会員プログラムに関連するAmazon.co.jpとお客様との間の完全な合意を構成します。なお、お客様がAmazon.co.jpのウェブサイトやプライムをご利用される場合には、当サイトの利用規約やプライバシー規約、その他Amazon.co.jpのウェブサイト上の制限及び条件も、全て(都度の変更も含め)本規約と一体のものとして適用されます。お客様がプライムの会員登録をされる場合には、これらの規約、制限及び条件に同意することになりますので、本規約を注意深くお読みください。
プライム会員は、対象商品の購入の全てについて、通常配送又はお急ぎ便配送を無料(本規約中のその他の制限や条件にご留意ください)で受けることができます。但し、これらの配送オプションは、当サイトの在庫状況、注文期限及び一部については発送地域により限定されます。プライム会員は、同一の住居(同一住所)に住む家族を2人まで追加費用なしで家族会員としてプライムに加入させることができます。(20歳未満の会員は、その親権者又は後見人の関与なしにAmazon.co.jpのサイトを利用することはできません。)プライム会員は、いつでも家族会員の変更又は退会をさせることができます。家族会員は、プライム会員が会員を辞めた場合又はプライム会員により退会させられた場合には、自動的に家族会員の地位を失います。プライムは、法人利用、又は営利目的、業務目的若しくは再販売目的のお客様にはご利用頂けません。
プライムの対象は、Amazon.co.jpがwww.amazon.co.jp上で販売する特定の商品で、沖縄及び一部離島を除く日本国内を発送先とするものに限られます。当サイトは、都度当サイトの判断により、例えば設置が必要となる大型商品又は重量商品、危険物として規制されている商品その他発送に関して特別な配慮が必要な商品を、プライム対象外商品とすることができます。また、第三者により、又はAmazonマーケットプレイスなどの第三者販売プログラムを通じて販売される商品は、プライムの対象ではありません。なお、プライムの対象商品である場合には、当サイトのウェブサイト上に、それが明示されます。
お客様は、プライム会員に登録し、プライムを利用するために、Amazon.co.jpのアカウントを取得しなければなりません。当サイトは、当サイトの判断により会員登録を受入れ又は拒絶する権利を有しています。お客様は、上述の家族会員によるプライムの利用方法を除いては、自己の会員資格又はその特典を譲渡又は移転することはできません。プライム対象商品であっても、場合により注文や取扱いに関する料金又は税金がかかる場合があります。支払い方法が代金引換の場合は、別途代引手数料が請求されます。もし、お客様が注文する商品の一部がプライムの対象商品ではない場合には、お客様はかかるプライム対象外商品について所定の配送料を支払うことになります。また、注文の変更やとりまとめ、送付先、配達時期又は配達方法の変更は、プライムの適用について影響を与えることがあります。以下の点に注意して下さい。
通常配送及びお急ぎ便配送オプションは、お客様への配達予定日を決定するためのものです(これらのオプションは、商品の入手可能性や当サイトの発送予定日を反映するものではありません。)。
当サイトは、当サイトの判断において、陸路又は空路から発送することができます(これらのオプションは、運送方法の指定サービスとは異なります。)。
当サイトは、予定輸送時間又は予定配送日時までに商品が配送されることを保証致しません。
プライムの年会費は、3900円です。この年会費は、以下に明示的に規定する場合を除き、払戻しされません。翌年についてのプライム会員登録の更新前に、お客様が退会したい旨を当サイトに通知しない場合には、お客様の会員登録は自動的に更新され、お客様への通知なくして、当サイトは、お客様が登録された支払い方法に基づき、その時点で適用される年会費及び税金の支払を受けることができます。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
当サイトは、お客様に対し様々なプライム無料体験その他の会員の募集をすることがあります。無料体験会員は、当該会員募集の際に特別に規定されたものを除き、本規約の条件に従うものとします。無料体験会員はいつでも、無料体験期間の終了の際に、Amazon.co.jpのアカウントサービスを通して年会費を負担するプライムの会員登録をしないという選択をすることが可能です。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に何らの通知なくして、本規約、Amazon.co.jpの利用規約やプライバシー規約又はプライム会員に関する事項について変更することができます。しかしながら、年会費の増額については、会員登録を更新するまでは適用されません。また、当サイトが通常配送、お急ぎ便配送オプションの配送を有料としたり料金を値上げする場合、又は当サイトが、お客様が加入させることができる家族会員の人数を減らす場合には、その変更が生じる少なくとも30日前にEメールによりお客様にその旨を通知します。もしお客様がこれらの変更の実施前に退会される場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。この払戻オプションは、当サイトが行なうその他の変更には適用されません。万が一、これらの変更が違法、無効又は何らかの理由により強制力がないと判断された場合でも、これにより、その他の有効かつ強制力のある変更又は条件は影響を受けることはありません。当サイトが本規約等を変更した後に、お客様がプライム会員登録を継続する場合には、お客様はその変更に同意したものと見なします。もしお客様がかかる変更に同意しない場合には、お客様はプライムを退会しなければなりません。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に通知なくして、プライム会員登録を解除することができます。もし当サイトが解除を行う場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。しかしながら、当サイトが、お客様の行為が本規約又は法律違反、会員特典の詐取又は悪用並びに当サイト又は他の会員の利益を害するものと判断し解除する場合には、年会費の割合的払戻しはいたしません。当サイトがお客様に対して本規約の各規定を厳格に遵守するように要求しなかったとしても、それは当サイトの権利の放棄を意味するものではありません。
Amazon.co.jpの利用規約中の責任の限定及び免責に加えて、当サイト若しくはその取締役、役員、従業員、代理人若しくはその他代表者は、プライムに起因若しくは関連する直接的、間接的、特別、偶発的、必然的又は懲戒的な損害賠償又はその他の損害賠償について責任を負いません。当サイトの契約上、保証上、不法行為法上(不作為も含む)又はその他の責任限度額は、お客様が支払った直近の年会費を上限とします。 これらの免責及び責任の限定は、法律上許容される限度において適用され、退会又は解除によりその効力は失われません。お住まいの国や地域によっては、法律により、特定の損害について免責又は責任限定が許されません。もしこれらの法律がお客様に適用される場合には、上記の免責又は責任の限定の規定の全部又は一部は適用されず、お客様は上記規定に関係なく損害賠償請求ができます。
Amazonプライムの会員に登録すると、同居されているご家族2人に登録案内を送ることができ、対象商品について配送無料のお急ぎ便または通常配送を使い放題ご利用いただけます。Amazonプライムの特典は会員登録(年会費¥ 3,900)をしていただくだけで、いつでも無料でご利用いただけます。
同居されているご家族を最高2人まで会員に登録でき、特典を共有していただけます。
下のボタンをクリックして今すぐお申し込みいただけます。お申し込み完了後、この注文に新しい配送料が適用されます。今回お申し込みされない場合でも、申し込みページからいつでもAmazonプライムの会員登録ができます。
後でお申し込みされる場合は、この注文にAmazonプライムのサービスは適用されませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービスをご利用いただくには、1-Click機能での注文が便利です。対象商品の詳細ページの上部に、会員専用の1-Clickボタンが表示されます。ボタンをクリックすると注文が確定され、商品は無料のお急ぎ便または通常配送でお客様にお届けします。
お届け先はAmazonプライムのサービス対象地域ですか? Amazonプライムのサービス対象地域をお届け先として指定していることを確認してください。一部の地域は、Amazonプライムの配送サービスでお届けすることができません。
支払い情報は最新のものですか? 指定したクレジットカード番号や有効期限を更新する必要がないか、必要に応じて確認してください。
配送方法はお急ぎ便ですか? 商品詳細ページの右側にある通常の1-Clickボタンを使用する場合は、お届け先への配送方法を確認してください。Amazonプライムのサービスを便利にご使用いただくには、配送方法を通常配送からお急ぎ便に変更する必要があります。
1-Click機能を利用して注文するのではなく、ショッピングカートを使用して注文する場合は、ショッピングカートに商品を入れて通常どおりレジに進んでください。「注文内容」ページには、以下が表示されます。
Amazonプライムのサービス対象商品であれば、配送方法が自動的にお急ぎ便に設定されます。
できるだけ早くお届けするように、商品は初期設定で「準備ができ次第発送」されるように設定されます。追加料金は発生しません。
対象商品は、商品ページ、レジに進む際、また最後の注文確定時に指定されます。対象商品は、Amazon.co.jp が販売、発送する商品に限られます。Amazonギフト券のご購入については、Amazonプライムの対象外です。また。Amazon.co.jp が販売、発送する商品でも、一部の商品は対象外となります(重量やサイズの大きい大型商品、危険物として規制されている商品、特別な配送が必要となる商品など)。Amazonマーケットプレイスなど、第三者が販売する商品も対象外となります。
Amazonプライムのサービスは、ご家族と簡単に共有することができます。サインインしてください。
家族に登録案内をおくるには、名前、続柄、Eメールアドレス、誕生日をそれぞれのフィールドに入力して、「登録案内を送る」をクリックします。入力したEメールアドレス宛てに、Eメールが自動的に送信されます。登録案内を受け取られたご家族の方はEメールの中にあるリンクをクリックし、サイト上にて登録手続きを完了してください。なお、登録案内を送ったお客様の誕生日を入力する必要がありますのでご注意ください。
家族会員を削除するには:削除する家族名の横にある「削除」ボタンをクリックします。削除された家族会員には、お知らせEメールが自動的に送信されます。
お急ぎ便は、日本国内への発送のみにご利用いただけます(一部地域を除く)。お急ぎ便対象外の商品については、通常配送をご利用いただけます。
このサービスは、法人アカウントをお使いの方、業務目的で商品を購入する方、再販目的で商品を購入する方はご利用いただけませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービス対象商品がご注文の一部に含まれる場合には、対象外の商品には該当する送料が請求されます。
商品は陸路または空路を使用して発送されます。このオプションは配送業者指定の配送サービスとは対応しません。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
Amazonプライムをキャンセルするには、「アカウントサービス」からAmazonプライム会員ページにアクセスして、キャンセル手続きを行ってください。
会員登録は、毎年自動的に更新されるように設定されています。「アカウントサービス」から会員ページにアクセスすれば、自動更新しないように設定したり、更新時に支払い方法を変更することもできます。
下のボタンをクリックすると、上記の商品をショッピングカートに入れるとともに、年会費¥ 3,900でAmazonプライムの会員登録の手続きができます。年度の年会費、¥3900 は、お客様が選択したクレジットカードに請求させていただきます。また、お客様がAmazonプライムの会員登録を更新し続ける場合は、毎年、このクレジットカードに請求させていただくことになります。会員登録は、「アカウントサービス」でいつでもキャンセルすることができます。会員登録をキャンセルすると、次年度の年会費は、クレジットカードに請求されません。また、Amazonプライムの特典を一度も使っていない場合、会員登録をキャンセルし、年会費の全額返金を受けることができます。有効期限切れなど、なんらかの理由によりご指定のカードが使用できない場合、アカウントサービスに登録してある別のクレジットカードを選択させていただきます。
下のボタンをクリックすると、会員規約に同意したことになり、登録されているクレジットカードに年会費を請求します。
Amazonプライムに会員登録すると、お急ぎ便が無料になります。 会員登録はお済みでしょうか? サインイン。
今から以内にレジに進み、「お急ぎ便」オプション(有料)を選択して注文を確定されたご注文が対象です。 詳しくはこちら
癌とたわむれて (メディカル・エッセイ外国文学) アナトール ブロイヤード
"死"と向い合うことは、"生"を考えること。長年、納棺の仕事に取り組んだ筆者が育んできた詩心と哲学を澄明な文で綴る"生命の本"
掌に受ければ瞬く間に水になってしまうみぞれ。日本海の鉛色の空から、そのみぞれが降るなか、著者は死者を棺に納める仕事を続けてきた。一見、顔をそむけたくなる風景に対峙しながら、著者は宮沢賢治や親鸞に導かれるかのように「光」を見出す。「生」と「死」を考えるために読み継がれてほしい一冊。
富山県で葬儀社にお勤めになった青木氏の1993年3月初版第1刷をよみました。死を穢らわしいものとしかおもえないのに、仕事でやっている方たちを
超越した、さわやかで詩的なすばらしい作品です.
宮沢賢治がよくでてくるのは著者が心酔しているからです。
序文は近頃亡くなられた吉村昭が「美しい姿」の題のもとに賛辞をよせている。青木氏がいまどうしていらっしゃるのか好奇の念にかられることしきり。

文庫本ではなくて単行本を読んでの感想です。
遺体を清め、棺に納める。その職業に就いた著者の、淡々とした語りが続いていくのですが、単なる作業ではなく言葉で言いあらわせないような、人間として生きたいのちの尊厳への畏怖のようなものを感じます。それは、死してなお、肉体が存在する限り魂も共にあるという感覚でしょうか・・・ 人間とは何か、自分とは何か、家族とはなにか、なぜひとりひとりの命が尊いのかを、活字ではなく、行間からにじませる、すばらしい作品だと思います。目に見えない何かを感じようとされている方に是非読んでいただきたい本です。
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。

【 31】引用元  Amazon.co.jp: 納棺夫日記 (文春文庫): 本: 青木 新門
URL: http://www.amazon.co.jp/c´?a£oa?≪a?\e¨?-a??a?\a??ao≪-e??a?¨-a?°e?/dp/4167323028


トップ