お葬式の費用や香典の額、マナーや慣習、礼儀作法、挨拶の仕方など、人には聞けないお葬式の情報集

お葬式っていくら必要?香典は?挨拶?礼儀作法?マナー・慣習?喜び事との兼ね合いは?とにかく検索して下さい。

お葬式はわからないことだらけ・・・少しでもお葬式のマナーや慣習を知っておきましょう。

最終更新日  2008年 02月 12日

儀礼とは?

社会組織そのものも、人々が儀礼的にあい集う機会を節目とし、それに支えられて成り立っている。連帯を生みだすのは、物事の儀礼的な側面である。集団がどれほど緊密に結びついているかは、日常的な出会いがどれほど儀礼化されているかによる。それゆえ、私たちが深く信じ込んでいる考えの多くは、実際的なものというよりは象徴的なものである。つまりそれらの観念は、私たちが集団の一員であることを示すものなのだ。そういうわけで、それらの観念を単に合理的な道具として用いて自分のまわりの世界を理解しようとしても、ほとんど役に立たないのである。
伝統的集団・共同体において、儀礼の重要性は言うまでもない。たとえば民族学・文化人類学の研究は、対象とする民族・集団がどのような儀礼を行うかを観察することで、その社会や集団の構造や文化を解き明かしてきた。
儀礼(ritual)とは、集団やコミュニティの成員が定期的に加わる形式化された行動様式である。いわゆる宗教は、儀礼が行われる重要な状況のひとつであるが、儀礼的行動の範囲はこのような特定の領域をはるかに越えて広がっている。ほとんどの集団に何らかの儀礼的習わしがある(ギデンズ『社会学』)。
むしろ社会・集団をつくりだす力こそ儀礼によってもたらされる、と考えたデュルケムによって、社会学の知的財産のひとつである社会学的儀礼論は始められた。儀礼を行う社会・集団は、伝統的集団・共同体に限らない。「ほとんどの集団」は儀礼行動を行う。つまり儀礼からほとんどの社会・集団現象を解くことができる。
いくつかの実例を取り上げる前に、検討に便利なように、儀礼の一般的なあり方をまとめておこう。
(1)儀礼はまず、複数(2名以上)の人間の参加が必要である。彼らは集まり、多くの場合、直接対面する。
(2)そして儀礼は、整えられた形式どおりに行われる。このパターン化・形式化された行動が重要となる。先回りすれば、ある集団の儀礼行動は、集団外の者にとっては、しばしば風変わりで無意味で非合理に見える。しかし集団内の者にとっては、当たり前で重要で正しい行いに映る。このことが集団形成に大きく関わってくる。
(3)集団の観念を具現化する象徴(聖なるもの)が存在する。儀礼はこれに関わる行為としてパターン化・形式化されているが、逆に儀礼がこの「聖なるもの」を生み出すとも言える。儀礼と「聖なるもの」は一対のものである。「聖なるもの」は、聖なる観念である場合もあれば、聖なる事物ことも、また聖なるコトバであることもある。「聖なるもの」は、必ずしも宗教的なものではない。集団にとって、とても重要で、かつ、「冒涜」することができる、ことがその要件である。つまり、「聖なるもの」に対しては「してはいけない行為」を定義することができる、ということである。
(4)結果として、儀礼は集団の連帯をもたらす。あるいは、ひとつの社会をもたらすといってもいい。鉄則は、同じ儀礼を行う者は、同じ集団に属する、ということだ。逆に言えば、同じ儀礼を行わないものは、その集団に属さない。つまり儀礼は、人々を結びつけるのと同時に(それ故に)人々を分かつ・遠ざける。
1 「地域コミュニティをまとめる祭礼」は、もっともわかりやすい例だろう。宗教起源のものが多いが、仮にその要素が弱まっていても、現実に地域コミュニティをまとめる力を生み出す機能を有している。この簡単な事例は、後ほど再検討することにしよう。
2 「科学的真理」と「科学者コミュニティ」を儀礼論で解明する研究がある。いわば「未開人」の風変わりな風習を研究していた人類学者はもちろん、理論物理学や数学といったハード・サイエンスに携わる人たちにも、儀礼論は当てはまる。
(1)まず複数の科学者が(必ずしも対面を要しないが)参加し(2)科学的方法という、厳密に形式化・パターン化された行動が(3)科学的真理という「聖なるもの」を巡って執り行われ(4)結果、科学者コミュニティ、あるいは「○○学」「××学派」という集団的営為に参加するもの同士のネットワークが成立する。
「真理」に報じる彼らは、たとえば「国籍」を問わず「仲間意識」を形成する。「聖なるもの」を作り出すのは、彼らがすぐれた知能と莫大な時間を費やして身につけた、複雑で厳守しなければならない科学的方法あってこそである。この儀礼を行わないもの(行えないもの)が発表した知見は、決して「科学的真理」であるとは見なされない(その者は科学者として、科学者コミュニティ/ネットワークに迎えられることはない)。ここに儀礼論の重要な知見がある。つまり「同じ儀礼を行う者は、同じ集団に属する。同じ儀礼を行わないものは、その集団に属さない」。ここで登場する儀礼は科学者コミュニティをつくるだけでなく、科学/非科学の峻別を作り出す。儀礼は、しばしば複雑ですぐには理解できない。異国の種族の村に、その儀礼をマスターして一員として迎い入れられることが容易でないように、科学者(科学者族?)の一員になることも簡単ではない。科学者社会(そして科学という集団的営為)を作り出すものも、また一種の儀礼なのである。この例は、儀礼論の射程距離がかなり長いことを教えてくれる。
3 「上流社会」。たとえば社交界で取り交わされる「たわいもない」会話(その内容、登場する固有名詞や隠語)は、部外者にとっては風変わりで無意味だろう。科学者たちが交わす専門用語にもそんなところがある。両者に共通なのは、だからといって、部外者には容易に真似することができないことだ。たわいもない会話は、社会をなりたたせ、また内/外を峻別する会話儀礼である。科学者たちは専門用語の交換を「科学的真理」とその正確な(真理にふさわしい)伝達に不可欠なものとする(理解できない我々にとっては呪文のようだが)。社交人たちは、不躾なよそ者を排除し、自らの洗練された有り様を「卓越化」(これがここでの「聖なるもの」だするためにそうする。育ちの良さや家庭環境、培われた人脈がもたらす情報が、そうした会話儀礼には、必要だ。コトバだけではない。立ち振る舞い、エチケットといったものも、交わし合われる。ここでも「同じ儀礼を行う者は、同じ集団に属する。同じ儀礼を行わないものは、その集団に属さない」が明らかになる。ブルデューは、こうした卓越化(のための儀礼)に必要なリソースを「文化資本」と呼んだ。
特殊なコトバを交換して仲間意識を生み出すことは、どんな小集団でも行われている。「上流社会」の会話儀礼が質が悪いとしたら、より大きな社会の中にそれが組み込まれていることだろう。その集団内の人たちばかりでなく、他の人々にとっても、彼らの会話は「上品」で「文化的」である。加えて「文化資本」の所有者たちは、それによって可能となる儀礼によって、独自のネットワークを作り上げ、「経済資本」へのアクセスを容易にする(そのネットワークである種の接近機会を独占している、といってもいい)。なぜ人々は上流社会と関わりを持ちたがるのか。それが実質的な(つまり経済的な)富へアクセスする重要なルートであるからだ。誰もがある儀礼を行えるわけではない。それ故に儀礼リソースの独占は、階層分化を、ときに支配−被支配の関係をも生み出す。つまり「たわいもない」会話儀礼は、単に集団を分けるだけでなく、その分割を階層化する一端を担っている。
4 「近代組織」。いわゆる組織論のベースにある組織均衡論は、組織の成員を合理的主体とみなして、組織との間の誘因と貢献の交換関係を見出す。しかし、デュルケムがいうように、合理的主体の「合理的判断」から集団が形成されることは不可能である。彼らが十分合理的であれば、それぞれ都合のよいところで「裏切る」あるいは「ただ乗りする」(組織から誘因=報酬を引き出しつつ、組織への貢献をさぼる)ことが最も合理的だからである。この問題は後に「オルソン問題」として定式化された。デュルケム起源の儀礼論は、合理的契約の非合理的前提をなすものとして、組織論においては組織文化論を包括するのみならず、避けがたい組織内分化の原理をも含み持っている。
組織は多くの儀礼によって成り立っている。ここでは、企業城下町での企業ぐるみのイベントなるものよりも、より小さく日常化された儀礼をみることにしよう。
ここで取り上げる日常的やりとりの儀礼が生み出す「聖なるもの」は、組織そのものである。たとえば「組織で仕事をしないといけない」「○○部局としての考えはこうだ」といった会話儀礼。「組織合理性」を未心得のものに伝達しようとする際に発せられるこうした「教え」は、しかし組織成員のすべてによって口にされ、また受け取られる訳ではない。
大規模な(企業)組織の成員は、通常何層かに階層化されている。上記の「組織合理性の教え」の取り交わしという儀礼は、上層に位置するいわゆるエリートたちによって行われる。この儀礼によって「組織」へのコミットメントを互いに確認し合い、また「組織」の存在を感じ取る。対して、下層の非エリートたちは、「金のために働いている」という経済合理性がより強く自覚されるから、デュルケム/オルソンの予想どおり「組織からなるべく多くを引き出しながら、より少ない貢献で済まそうとする」だろう。
だが組織としては、上層から下層まで、こうした儀礼を執り行い、組織へのコミットメントを等しく高めてもらった方が、より効率的ではないか。では何故そうしないのか?組織に関しての会話儀礼には(上流社会の会話儀礼がそうであったように)、一定のリソースが必要である。それは組織の中枢部に所属することで得られる組織運営に関してアクセスする機会であったり、希少性の高い情報であったり、もっと直接には組織における一定の権限であったりする。そうしたリソースをより多くの成員に配布することは、コストとリスクがかかる。複雑な業務遂行や意志判断には不可欠なリソースなので、そうした事にあたる成員には与えるのは致し方ないが、単純作業に関わる成員には多少のモチベーションの低下を犠牲にしても、金銭による管理の方が安上がりになるケースが多い。また情報の価値は希少性に左右されるので、価値ある情報をもつ成員は、その流通を制限したがる傾向がある。したがって、「組織についての会話」儀礼のためのリソースもまた希少化される。また上層に属することは、経済的機会(昇進や昇級、退職後の再就職機会など)への接近を増すことになるので(上流社会の排他性と同じ理由で)、儀礼は階層分化的に行われる。結果、この儀礼を通じて一部には組織へのコミットメントが生じ、同時に組織内の階層分化が生じることになる。

【 42】引用元  儀礼がわかれば、社会がわかる
URL: http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1356/kuru/girei.html

対象商品であれば、購入金額にかかわらず、配送料が無料になります。つまり、無料配送サービスの最低購入金額(1,500円)を意識せずに、お買い物をお楽しみいただけます
当プログラムに登録いただくと同居のご家族2人までを無料 で家族会員として登録できます
Amazonプライム会員規約(以下「本規約」といいます)へようこそ。本規約は、お客様とAmazon.com Int’l Sales, Inc.及びその関連会社(以下「Amazon.co.jp」又は「当サイト」といいます)との関係並びに各々の権利及び義務について規定するものです。本規約は、Amazonプライムサービス(以下「プライム」といいます)の利用にあたり提供される無料体験に適用される規約とともに、プライム会員プログラムに関連するAmazon.co.jpとお客様との間の完全な合意を構成します。なお、お客様がAmazon.co.jpのウェブサイトやプライムをご利用される場合には、当サイトの利用規約やプライバシー規約、その他Amazon.co.jpのウェブサイト上の制限及び条件も、全て(都度の変更も含め)本規約と一体のものとして適用されます。お客様がプライムの会員登録をされる場合には、これらの規約、制限及び条件に同意することになりますので、本規約を注意深くお読みください。
プライム会員は、対象商品の購入の全てについて、通常配送又はお急ぎ便配送を無料(本規約中のその他の制限や条件にご留意ください)で受けることができます。但し、これらの配送オプションは、当サイトの在庫状況、注文期限及び一部については発送地域により限定されます。プライム会員は、同一の住居(同一住所)に住む家族を2人まで追加費用なしで家族会員としてプライムに加入させることができます。(20歳未満の会員は、その親権者又は後見人の関与なしにAmazon.co.jpのサイトを利用することはできません。)プライム会員は、いつでも家族会員の変更又は退会をさせることができます。家族会員は、プライム会員が会員を辞めた場合又はプライム会員により退会させられた場合には、自動的に家族会員の地位を失います。プライムは、法人利用、又は営利目的、業務目的若しくは再販売目的のお客様にはご利用頂けません。
プライムの対象は、Amazon.co.jpがwww.amazon.co.jp上で販売する特定の商品で、沖縄及び一部離島を除く日本国内を発送先とするものに限られます。当サイトは、都度当サイトの判断により、例えば設置が必要となる大型商品又は重量商品、危険物として規制されている商品その他発送に関して特別な配慮が必要な商品を、プライム対象外商品とすることができます。また、第三者により、又はAmazonマーケットプレイスなどの第三者販売プログラムを通じて販売される商品は、プライムの対象ではありません。なお、プライムの対象商品である場合には、当サイトのウェブサイト上に、それが明示されます。
お客様は、プライム会員に登録し、プライムを利用するために、Amazon.co.jpのアカウントを取得しなければなりません。当サイトは、当サイトの判断により会員登録を受入れ又は拒絶する権利を有しています。お客様は、上述の家族会員によるプライムの利用方法を除いては、自己の会員資格又はその特典を譲渡又は移転することはできません。プライム対象商品であっても、場合により注文や取扱いに関する料金又は税金がかかる場合があります。支払い方法が代金引換の場合は、別途代引手数料が請求されます。もし、お客様が注文する商品の一部がプライムの対象商品ではない場合には、お客様はかかるプライム対象外商品について所定の配送料を支払うことになります。また、注文の変更やとりまとめ、送付先、配達時期又は配達方法の変更は、プライムの適用について影響を与えることがあります。以下の点に注意して下さい。
通常配送及びお急ぎ便配送オプションは、お客様への配達予定日を決定するためのものです(これらのオプションは、商品の入手可能性や当サイトの発送予定日を反映するものではありません。)。
当サイトは、当サイトの判断において、陸路又は空路から発送することができます(これらのオプションは、運送方法の指定サービスとは異なります。)。
当サイトは、予定輸送時間又は予定配送日時までに商品が配送されることを保証致しません。
プライムの年会費は、3900円です。この年会費は、以下に明示的に規定する場合を除き、払戻しされません。翌年についてのプライム会員登録の更新前に、お客様が退会したい旨を当サイトに通知しない場合には、お客様の会員登録は自動的に更新され、お客様への通知なくして、当サイトは、お客様が登録された支払い方法に基づき、その時点で適用される年会費及び税金の支払を受けることができます。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
当サイトは、お客様に対し様々なプライム無料体験その他の会員の募集をすることがあります。無料体験会員は、当該会員募集の際に特別に規定されたものを除き、本規約の条件に従うものとします。無料体験会員はいつでも、無料体験期間の終了の際に、Amazon.co.jpのアカウントサービスを通して年会費を負担するプライムの会員登録をしないという選択をすることが可能です。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に何らの通知なくして、本規約、Amazon.co.jpの利用規約やプライバシー規約又はプライム会員に関する事項について変更することができます。しかしながら、年会費の増額については、会員登録を更新するまでは適用されません。また、当サイトが通常配送、お急ぎ便配送オプションの配送を有料としたり料金を値上げする場合、又は当サイトが、お客様が加入させることができる家族会員の人数を減らす場合には、その変更が生じる少なくとも30日前にEメールによりお客様にその旨を通知します。もしお客様がこれらの変更の実施前に退会される場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。この払戻オプションは、当サイトが行なうその他の変更には適用されません。万が一、これらの変更が違法、無効又は何らかの理由により強制力がないと判断された場合でも、これにより、その他の有効かつ強制力のある変更又は条件は影響を受けることはありません。当サイトが本規約等を変更した後に、お客様がプライム会員登録を継続する場合には、お客様はその変更に同意したものと見なします。もしお客様がかかる変更に同意しない場合には、お客様はプライムを退会しなければなりません。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に通知なくして、プライム会員登録を解除することができます。もし当サイトが解除を行う場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。しかしながら、当サイトが、お客様の行為が本規約又は法律違反、会員特典の詐取又は悪用並びに当サイト又は他の会員の利益を害するものと判断し解除する場合には、年会費の割合的払戻しはいたしません。当サイトがお客様に対して本規約の各規定を厳格に遵守するように要求しなかったとしても、それは当サイトの権利の放棄を意味するものではありません。
Amazon.co.jpの利用規約中の責任の限定及び免責に加えて、当サイト若しくはその取締役、役員、従業員、代理人若しくはその他代表者は、プライムに起因若しくは関連する直接的、間接的、特別、偶発的、必然的又は懲戒的な損害賠償又はその他の損害賠償について責任を負いません。当サイトの契約上、保証上、不法行為法上(不作為も含む)又はその他の責任限度額は、お客様が支払った直近の年会費を上限とします。 これらの免責及び責任の限定は、法律上許容される限度において適用され、退会又は解除によりその効力は失われません。お住まいの国や地域によっては、法律により、特定の損害について免責又は責任限定が許されません。もしこれらの法律がお客様に適用される場合には、上記の免責又は責任の限定の規定の全部又は一部は適用されず、お客様は上記規定に関係なく損害賠償請求ができます。
Amazonプライムの会員に登録すると、同居されているご家族2人に登録案内を送ることができ、対象商品について配送無料のお急ぎ便または通常配送を使い放題ご利用いただけます。Amazonプライムの特典は会員登録(年会費¥ 3,900)をしていただくだけで、いつでも無料でご利用いただけます。
同居されているご家族を最高2人まで会員に登録でき、特典を共有していただけます。
下のボタンをクリックして今すぐお申し込みいただけます。お申し込み完了後、この注文に新しい配送料が適用されます。今回お申し込みされない場合でも、申し込みページからいつでもAmazonプライムの会員登録ができます。
後でお申し込みされる場合は、この注文にAmazonプライムのサービスは適用されませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービスをご利用いただくには、1-Click機能での注文が便利です。対象商品の詳細ページの上部に、会員専用の1-Clickボタンが表示されます。ボタンをクリックすると注文が確定され、商品は無料のお急ぎ便または通常配送でお客様にお届けします。
お届け先はAmazonプライムのサービス対象地域ですか? Amazonプライムのサービス対象地域をお届け先として指定していることを確認してください。一部の地域は、Amazonプライムの配送サービスでお届けすることができません。
支払い情報は最新のものですか? 指定したクレジットカード番号や有効期限を更新する必要がないか、必要に応じて確認してください。
配送方法はお急ぎ便ですか? 商品詳細ページの右側にある通常の1-Clickボタンを使用する場合は、お届け先への配送方法を確認してください。Amazonプライムのサービスを便利にご使用いただくには、配送方法を通常配送からお急ぎ便に変更する必要があります。
1-Click機能を利用して注文するのではなく、ショッピングカートを使用して注文する場合は、ショッピングカートに商品を入れて通常どおりレジに進んでください。「注文内容」ページには、以下が表示されます。
Amazonプライムのサービス対象商品であれば、配送方法が自動的にお急ぎ便に設定されます。
できるだけ早くお届けするように、商品は初期設定で「準備ができ次第発送」されるように設定されます。追加料金は発生しません。
対象商品は、商品ページ、レジに進む際、また最後の注文確定時に指定されます。対象商品は、Amazon.co.jp が販売、発送する商品に限られます。Amazonギフト券のご購入については、Amazonプライムの対象外です。また。Amazon.co.jp が販売、発送する商品でも、一部の商品は対象外となります(重量やサイズの大きい大型商品、危険物として規制されている商品、特別な配送が必要となる商品など)。Amazonマーケットプレイスなど、第三者が販売する商品も対象外となります。
Amazonプライムのサービスは、ご家族と簡単に共有することができます。サインインしてください。
家族に登録案内をおくるには、名前、続柄、Eメールアドレス、誕生日をそれぞれのフィールドに入力して、「登録案内を送る」をクリックします。入力したEメールアドレス宛てに、Eメールが自動的に送信されます。登録案内を受け取られたご家族の方はEメールの中にあるリンクをクリックし、サイト上にて登録手続きを完了してください。なお、登録案内を送ったお客様の誕生日を入力する必要がありますのでご注意ください。
家族会員を削除するには:削除する家族名の横にある「削除」ボタンをクリックします。削除された家族会員には、お知らせEメールが自動的に送信されます。
お急ぎ便は、日本国内への発送のみにご利用いただけます(一部地域を除く)。お急ぎ便対象外の商品については、通常配送をご利用いただけます。
このサービスは、法人アカウントをお使いの方、業務目的で商品を購入する方、再販目的で商品を購入する方はご利用いただけませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービス対象商品がご注文の一部に含まれる場合には、対象外の商品には該当する送料が請求されます。
商品は陸路または空路を使用して発送されます。このオプションは配送業者指定の配送サービスとは対応しません。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
Amazonプライムをキャンセルするには、「アカウントサービス」からAmazonプライム会員ページにアクセスして、キャンセル手続きを行ってください。
会員登録は、毎年自動的に更新されるように設定されています。「アカウントサービス」から会員ページにアクセスすれば、自動更新しないように設定したり、更新時に支払い方法を変更することもできます。
下のボタンをクリックすると、上記の商品をショッピングカートに入れるとともに、年会費¥ 3,900でAmazonプライムの会員登録の手続きができます。年度の年会費、¥3900 は、お客様が選択したクレジットカードに請求させていただきます。また、お客様がAmazonプライムの会員登録を更新し続ける場合は、毎年、このクレジットカードに請求させていただくことになります。会員登録は、「アカウントサービス」でいつでもキャンセルすることができます。会員登録をキャンセルすると、次年度の年会費は、クレジットカードに請求されません。また、Amazonプライムの特典を一度も使っていない場合、会員登録をキャンセルし、年会費の全額返金を受けることができます。有効期限切れなど、なんらかの理由によりご指定のカードが使用できない場合、アカウントサービスに登録してある別のクレジットカードを選択させていただきます。
下のボタンをクリックすると、会員規約に同意したことになり、登録されているクレジットカードに年会費を請求します。
ネルソン提督のトラファルガー沖海戦勝利(1805)の数年後、オーストラリヤに向かう戦艦改造の輸送帆船が舞台。英国貴族階級の青年と国教会の若い聖職者を中心に展開される華麗にして怪奇な物語、読者の心を揺さぶる見事な芸術作品。ブッカー賞受賞。
ネルソン提督のトラファルガー沖海戦勝利(1805)の数年後、オーストラリヤに向かう戦艦改造の輸送帆船上で、英国貴族階級の青年と国教会の若い聖職者を中心に展開される怪奇な物語。1980年度ブッカー賞受賞作品。
哀れなほど生真面目な若い牧師が,船乗りたちの悪戯で,酒を飲まされ泥酔してオカマ掘られて,酔いから醒めたあと恥辱に苦悩しつつ死にました,とさ。ブッカー賞というのを受賞したらしいけど,原語で読むと文体がいかにも文学してるのかな。『蠅の王』のゴールディングだからと期待して読むとあてがはずれる。
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。

【 43】引用元  Amazon.co.jp: 通過儀礼: 本: ウィリアム・ゴールディング,William Golding,伊藤 豊治
URL: http://www.amazon.co.jp/e?e??a?c??-a?|a?£a?aa?¢a??a?≫a?´a??a?≪a??a?£a?3a?°/dp/4875719647


トップ